雨の日々。。

夏真っ盛りの頃、今年は台風がほとんどないなぁ。なんて思っていたのに。なんですかね。9月になってから台風が続々とやってくるではありませんか。

16号が去っても天気はパッとせず、薄ら寒くて雨ばかり。

むむむ。

衛星画像を見ると、また日本の南 海上に雲の塊がぁ・・・

夏もそろそろ・・

お盆も過ぎて8月も後半。まだ蒸し暑いけれど、高温のピークも過ぎて そろそろ夏の終わりを感じる様になってきました。私はまだ確認していないけれど、ヒグラシも鳴き始めている様です。あれっ、コオロギも鳴き出した。
ちょっと早いよね、秋っぽくなるの。

4年後はどんなことになっているのかなぁ~と、まだピンと来ない東京での開催をときどき想像しながらリオ オリンピックを観戦し、盛り上がって毎日が過ぎていきます。

小さいのが彼方此方ピョコピョコ歩いてる♪今年もたくさんウチの庭でカナヘビが産まれたみたい。カナヘビは、小さい頃から声掛けすると、人馴れしてくるのです。信じてもらえないでしょうが。。なので、チビカナを見かけるとついつい話しかけてしまいます(笑)

暑い日は、夜暗くなってから
庭に出ると、巣に戻らないでこの鉢植えのワイヤープランツの上に涼をとりにやってきているのをよく見かける。
勝手知ったる庭なのかしら。。

暑い …です。

<暑中お見舞い申し上げます>

あ。8/7が立秋となるので
<残暑お見舞い申し上げます>
になりますかね。

立秋とはいえ、しばらく暑いのでしょうね〜
夏バテしない様 水分多めにとって
暑い夏を乗り切っちゃいましょう〜♪

やさしい蝶ちょ♡

す~ひらひら♪ す~ひらひら♪と独特の飛び方をする大好きなミスジチョウ。
そのお仲間のコミスジに出会いました♪
すぐソバまで寄ることが出来たのに、こんなときに限って一眼レフさんが突然無反応に。。。。なんてこった *>_<
ワサワサやっているうちに飛んで行ってしまいました。

でも、少し、す、る、と、また戻ってきてわたしの靴に留まってくれたのです。わぁ。思わずスマホでパチリ。

優しいコミスジちゃん♡

さて、天気悪くて涼しい日もちらほらあって 遅れたけれど、ようやく昨日梅雨が明けたそうで。。

今日から夏本番。暑い暑い毎日にGOー^^

カモ騒動

ちょうどひと月前、カルガモ親子のひと騒動がありまして。。喜怒哀楽ありのハッピーエンドとなったので、下手ぴぃな動画をyoutubeにアップして、順を追ってココで経過をお話します。

*      *      *      *      *

5月のある朝。出かける時、ウチの前にカルガモ母さんが子ガモ3羽連れてウロウロしていました。どうやらまたウチの前にある草むら斜面に巣を作って ヒナを育てていたらしい。その日は、少し離れたところにある川を目指しての大移動決行の日なんでしょうが、私は見届ける時間も無かったので、簡単に動画を撮ってその場を後にしました。

動画1:https://www.youtube.com/watch?v=jes3w8yKATQ

無事にカモ親子は川にたどり着いたかなぁ・・なんて考えながら夕方近く ウチに帰ってくると。。あれっ?! カモ母さん、まだウチの前にいるし。。でも、子ガモいないじゃん。カモ母さんガァガァ鳴いてて、時間は刻々と過ぎ、薄暗くなり始めているんですけど。。

動画2:https://www.youtube.com/watch?v=V1B7lKKU_ig&feature=youtu.be

近所の仲間もやって来て、どうしたものかと思案していたら。。斜面の下の排水口から、ポチャンと音がして。。えっ?! どうやら排水口の下にヒナたちが落ちてしまっているみたい。ウチの向かいの斜面には細い排水路があって、それが流れる滑り台みたいになっているのだと思うのです。慌てて 相方を呼んで、重い排水口の蓋をズラすと、、居た居たー。地下にヒナたちが♪
ウチにたまたまあった虫採り網で救出しなくては!途中の排水路に居るヒナも居るので、上からバケツで水を流しして、何度も網ですくい上げたのでした。

動画3:https://www.youtube.com/watch?v=_YN1MnLFs9g

残念ながらそこで溺れてしまった子が1羽いましたが、全部で8羽はいたかな。
よかった、よかったー!

とりあえず、暗くなってきたので、<今夜は巣にお帰り。明日の川への大移動、頑張って!カモ母さん!>

*      *      *      *      *

そして、明くる朝。実は、心配で5時半ごろには目が覚めてしまったわたし。。そして..心配的中。どうやら またヒナが落ちている。カモ母さん、朝早くからデカい声でガァガァ鳴いています。下の排水口にどうやら全員落ちてしまったみたいで、そのうち1羽だけしか救出できず。。他の子ガモたちは そこから別の排水穴に上って、地下の排水路に散らばってしまった感じ。。

あぁ、、最悪です。もう、どうすることも出来ず。そこの排水口でピィピィ聴こえていたヒナたちの鳴き声は、どんどんと遠ざかって小さくなっていきます。カモ母さんは、そこに居る一羽を気にしながらも、ガァガァとパニックになりながら、何処かへ行ってしまいました。(声はなんとなく聴こえるけれど…)

動画4:https://www.youtube.com/watch?v=0Zi8u6soWfE&feature=youtu.be

わたし。この状況に呆然とするばかり。朝起きて この騒動に巻き込まれて2時間が経とうとしています。救い上げた一羽をどうするのが最善なのか。。。飼うことなんて出来ないし。。。近所の仲間もまた加わってくれて考え中。ん?耳を澄ますと、遠くの方から、、地下の何処かから、、彼方此方から わずかに聴こえる。ピィピィ ピィピィって♪

すくい網持って、子ガモ一羽(in バケツ)連れて、ウチの前の排水口から離れて、地下からかすかに聴こえる彼方此方の排水口へと移動しました。確かに居るのですょ。地下の排水路口にチョロっと姿も見えるし。。でも、でも、それを捕獲出来ない。また逃げてしまうんです。ぁぁ…>_<;

そんなこんなやっていたら、少し離れたところに、母ガモがやってきたのです。バケツに居る一羽を還すチャンスということで、バケツからそっと出してみたら、、、途中転びながらもパタパタと一目散に母のところに走っていきました。わぁ、よかった~。。ふぅ。。

さて、何カ所かの排水口を回っているうちに、最初のポイントから(ウチの前の排水口)150mほど離れた川へとやってきました。地下の排水路からこの川へと雨水が流れ落ちるわけで、もしかして子ガモたちが居たりしてね。。なんて思いながらみんなで川をボォーっと見ていると。。えっ、子ガモ3羽が居るぅ。遠くに居るんです3羽が!その子たちがこちらへと泳いで来ると同時に、さっき再会した母ガモ+1羽が斜面から転がり落ちる様に川に落ちて、再会→合流したのでした♫ すごぉーい。感動~^@^

ラッキーなことに ちょうどその場面を撮ることが出来ました。わぉ、めでたし♩めでたし♩

動画5:https://www.youtube.com/watch?v=ex9dQZq-PLs&feature=youtu.be

まだ途中の排水路に居る子ガモたちも、無事に合流しますように…祈りながらウチに帰りました。

きっと、母ガモは、子ガモたちの地下からのピィピィ♪をちゃんとキャッチしていて、地下の子ガモたちは、母ガモのガァガァ♪をひたすら頼りに走り回っていたのでしょう。

カルガモ親子の絆、すばらしぃ~☆

ps:来年は、同じ様な騒動は勘弁してもらいたいですゎ。^^;
地下の排水路に落ちない様、対策ねりねり。。

(´・Д・)」ご近所のみなさまのお声拝借してしまい失礼しましたー

香水のキキメ。。

去年、我が家のアシナガバチ一家がスズメバチに襲撃された一件で懲りたのと、やっぱり蜂の巣はコワいしで、もうウチのベランダに巣を作ってはダメょ!ということになったのですが。。そんなのわかりゃしない、アシナガバチさん。

今年もやはり、巣を作ってしまいました。

六角が まだ数少ないうちにお引き取り願いたいので、女王蜂が居ない隙に何とかせねばと常に監視するも、なかなか巣から離れず。。
六角が十数穴もできてしまったある日、居なくなった隙に使わない香水をプシプシプシーっと巣にいっぱいかけてしまった。

しばらくして戻ってきたらしい女王さん。。。。それはそれはショックだったみたいで。。。。ベランダの手すりに停まって、持っていた小さな青虫をそこに置いて、6本の脚をペタペタ, ペタペタずっとこすりまくっていました。

その後、その巣に戻ることはなかったです。
「アシナガ女王蜂さーん、ごめんね~~~!」

 

関東地方。梅雨に入ったそうで。。

やだな♩

ニンジンの花

去年、ニンジンをタネから育てて収穫して食べたのですが、何株か抜かないで残していました。というのも、晩秋になって離れたところにあった鉢植えの西洋パセリに6匹ものキアゲハの幼虫が住みだしてしまい、とてもとてもパセリだけでは間に合わず、ニンジンの葉っぱを毎日そこへデリバリーしていたのでした。 小さな体だったけれど、なんとか冬前に皆無事に送り出すことが出来たけど。。蛹になった姿は結局一匹も確認出来ず。。その後、どうしたかなぁ。。

で…そのまま冬越ししたニンジンが、春になってグングンと成長し、今、花が咲きまくっていルンですよ。

<ニンジンのお花たち、初めまして♪>
なんてゴージャスな白いお花。

数日前、水やりの時に少し花を食べてみたらふつうにイケたので、その晩<ニンジンの花天ぷら>にしてみました。塩で食べてウマかった^〜^♪

キアゲハさん、来ないかなぁ。
ゴージャスな環境においでおいで〜(^-^)/♪

さくらのはなし。。

今、いちばんイイ感じに満開だというのに、天気が悪い日が続いて残念ですが。。雨の合間に見に行ったさくら達は、ひっそりと華やかに咲きまくっていました♪

日本人にとって、春の主役は この さくら…染井吉野さん。

ソメイヨシノは、300年前 江戸末期に人工交配によってつくられたそうで。

その後 観賞用として人の手によって増えていった さくら。

人の手による接ぎ木だから、みんな同じ遺伝子をもったクローンの さくら。

同じ遺伝子だから、桜前線ということばもある様に、咲く条件も散る条件も同じ さくら。

いっせいに咲き誇って、数日で雨風でさくら吹雪となって散っていく さくら。

そんなカンジで ソメイヨシノは人工的につくられた品種だし、それまで存在していた他の桜に代って爆発的に増えていったのだし、おまけにクローン桜とか言われてるしで、元を知るほどあまり良い印象は無いんですよね。
でも、毎年 春にこれだけ都会を華やかに彩って、300年もの間 人をhappyにしてきてくれたのだから やっぱりスゴい存在だと思うな。
ソメイヨシノって、人が手をかけてあげないと弱りやすいということだし、人が手をかけなくなったら滅びてしまう。
誇らしく咲く姿からは想像もつかない宿命を持っているのだな。

江戸から生まれた都会の さくら。。

人間のエゴから増えていったさくら。。かもしれないちょっと物悲しいルーツはあるけれど、その儚い運命を持ち合わせながらも毎春 健気に咲いている染井吉野さんを優しく見守っていきたいな。。これからも。

天気良くなって、もう少し咲き続けてくださ~い^-^

春風に乗って〜♫

春、来ましたねっ♪♪

去年の終わりころから 負のこといろいろあり 今後も進行形ありで、常に日陰をウロウロとしていた自分ではありましたが、、
お陽さまの下、春の風に乗っかって、フワフワ身を任せてプラスにもっていこうかなぁと思ったりしてまっす。今年は いろいろ転換期になりそうな予感。まぁ、なる様になるってことで。。

そういえば、2年前に訪れたフランスでのメモリーをカタチにしようと思っていて まだやってないなぁ(*>_<)っと。
フランスの田舎道を 一眼しょってチャリンコ乗ってプラプラ行くのです。
また行きたいなぁ♪
めい&おいっこたちに会いたい〜♪♪

東北の震災。あれから5年が経ちました。
今後もこの国のどこかに大きな地震が必ずやってくる。津波もやってくる。そして、この国の沿岸部のあちこちに多くの原発がある。
再び同じ様なこと、あるいは怖いけれど更に大きな災害が起きる可能性もあることを常に心していなくては。
こどもたち—未来人のため、地球のために、どうしていったらよいのかを考えるのは今を生きている日本人 大人たちの最低限の使命だと。5年経っても、収束どころか まだまだ続いていきます。

お内裏さまとお内裏さま。

今日は桃のお節句♪
まだ寒い日もありますが、この冬は暖冬でしたね。春が もうそこらに居る感じ。。

一卵性双子の息子らが小さい頃、毎年3/2の誕生日に、ケーキ屋さんにお雛さまをお内裏さまに替えてもらって、お内裏さま×2のBirthday cakeを買っていたっけ。
必死に子育て, 仕事, 家事に追い回されながらも、喜怒哀楽がたくさんあって、あの頃が一番華やいでいたのだなと、ふと思うこの頃です。

そんときは そんなこと欠片も思わなかったのだけれども。。